カテゴリー別アーカイブ: 古書のレアリティ

古い雑誌も対象?古書買取のやり方

雑誌は一度読むと不要になってしまう事もあるものですが、その際には古書買取に出して売ってしまうのもお勧めです。買取店によっては雑誌も古書買取の対象になっていますので、問題なく売却する事ができるのです。
売却する際には注意点がありますが、特に重要なのが早く売ってしまう事です。一般的な古書の場合でも、ある程度の時間が経つと価値が低くなってしまい安値での買取になります。そして雑誌の場合はもっと早く価値が落ちてしまう事があるのです。需要の増減が激しい存在でもありますので、発売されてから時間が経ってしまう前に売ってしまう事が大切と言えます。
付録や特典があるようならセットで売るのも古書買取のコツです。近年の雑誌には様々な付録などが付属されている事がありますが、やはりそのような付属品がきちんと揃っていた方が高く売れ易くなります。付属品の有無によって買取価格が大きく違ってくる事もありますので、付録などが不要ならばセットにしておいた方がお得に売れるのです。ただ付属品は必須という訳ではありませんし、もし欠品している場合でも、安値になる可能性があるものの買取ってくれる事もありますので、もし付属品がなくても査定だけでも出してみる価値があると言えます。
古書買取に出すまで綺麗に扱う事を意識するのもポイントです。やはり何度も読んだかのようなボロボロの状態ですと価値は低くなります。新品同様に綺麗な方が高い価値が付き易くなりますので、購入後に売る予定なら丁寧に読むようにした方が良いでしょう。

洋書も古書になる?買取

海外で販売されている洋書も古書扱いになりますので、古書買取に出せば買取ってもらえる可能性があります。
ただ洋書に関しては古書買取の対象外にしているところもありますので、確認をしてから利用する事をおすすめします。古書として洋書を販売しているところなら買取を行っている事が殆どですので、販売品目をチェックしてみるのが良いかもしれません。
洋書を上手に売却する為にもできるだけ専門店を利用する事をおすすめします。古書買取店によっては海外の本に対する知識をあまり持っていない事があります。一応は買取をしてもらえるものの、本来の価値では引き取ってもらえない可能性もあるのです。洋書によっては高い価値があり、万単位で売れる可能性もありますが、知識を持っていない買取店ですと適切な価値を付ける事ができず損をする売却になる可能性もあります。その為、古書買取に出す際には洋書に強い買取店を選ぶ事が大切です。また、宅配買取に対応しているところも増えていますので、お近くに専門店が無いようなら宅配買取で遠方の業者も利用してみた方が良いのではないでしょうか。
お得な売り方にする為にも複数冊をまとめて売ってしまうのもポイントです。一冊だけでも買取はしてくれますが、一冊だけで売るよりもまとめて売る事で買取価格に色を付けてくれる事もあるのです。その為、古書買取を利用する際にはその他の不要な本もセットにして査定に出した方が良いでしょう。

歴史あるものは売れる?古書買取

家に有る古い本は邪魔だからとそのまま捨てるのは勿体無い場合が有ります。まず古書買取のお店に持って行ってみることです。そうすれば買い取って貰えるかもしれません。古書買取で買い取って貰える古書は、誰かが欲しがっている希少価値が有る物ばかりですから、希少価値も無く必要とされていない物は買取をしてもらえません。それでどれが買い取って貰えるか分からないと思います。しかしかなり古く歴史の有る物でしたら買い取って貰えるかもしれません。そんな古い本が買い取って貰えるのは不思議に思えますが、歴史の有る物ほど学術的に重要だからです。古書はその当時の時代を書いていますから、その当時の時代背景が良く分かる資料として重要になってきます。それで古書買取の店でも歴史のある古書は学者が買ってくれるということで高く買取をしてくれます。ただその学術的に価値が有るかをこちらからは見分けが付かないという問題が有ります。いつの時代の物か分からなくて、持って行って意外と新しい物でしたら、傷み具合がひどい場合だと買い取って貰えなくてただのゴミになる場合が有ります。しかし需要が有る物でしたら高く売れますから、一応持って行ってみるといいです。その場合は身分証明書を持参する必要が有ります。1万円以上の買取の場合は古物営業法の規則で身分証明書が無い場合は買取が出来なくなっています。だから歴史の有る古書を買取に持って行くときは身分証明書を忘れずに持って行くことです。