古書買取で文学書を売るときは

Pocket

近年ネットを中心として、宅配での古書買取の広告をよく目にします。
どのような本でも査定可能で、送られてくるダンボールに古書を詰め込み返送するという利便性が受け需要が高まっています。

売る側としてはコミックスやライトノベル、参考書、文庫本等、所謂自宅に眠る最早日の目を見る可能性の極めて低い古書が売る対処となる傾向にあります。

では文学書の場合はどうなのかと言いますと例外ではありません。
しかし宅配での古書買取やチェーン展開の古書買取業者の場合は、それが価値のある文学書であろうとも買い取り価格は安くなりがちです。

大衆文学古書はともかく、ヴィンテージものやコアなマニアが好む文学書であれば、
専門的知識に長けた店主の経営する、実店舗や出張査定や出張買取を利用したほうがより確実に高価な買取を期待する事が出来ます。

査定に至った過程の説明も分かり易く納得でき、販売代金もその場で支払ってくれる可能性があります。
しかし、どんなに高額な査定を期待できる古書であっても、より高く買い取ってもらう為にはいくつかのルールがあるのもまた事実です。

外見が古びているのは古書の古書たるゆえんを示すもので当たり前ですが、古びていることと傷んで事とでは大きな違いがあります。
傷みは当然その価値を下げる事につながります。

その他の要因としては、帯がしっかりしている事、書き込みや蔵書印の有無、初版本かどうかは査定の基本といえます。

その他ページ割れ、カビやしみ、破損、日焼け、折り目、表紙やカバー抜け等は、マイナス査定どころか買取に至らない場合もあります。
古書も売るとなれば商品です。
売る側も、買い取る側も良い思いが出来てこその取引成立ではないでしょうか。